【最強の競演 】メルカリが中国ECサイト淘宝 ( タオバオ )・ 閑魚 ( シェンユー )と提携!7億4000万人に販売が可能に! 【 物販ビジネス 小野寺徹】

こんにちは。

在宅副業コンサルタントの小野寺です。

 

皆さんはメルカリを知っていますよね。

当ブログをご覧の方であれば、

実際に出品して稼いだことのある方も

多いのではないでしょうか?

 

そんなメルカリですが、

大手中国ECサイトである

「タオバオ」「シェンユー」と提携して

越境販売ができるようになるという

ニュースが僕の元に舞い込んできました。

 

簡単に言えば、日本で出品した商品を中国の人が

「タオバオ」と「シェンユー」を経由して

購入できるようになるということになります。

物販に取り組んでいる人にとっては、

かなりビジネスの幅が広がりそうですよね!

 

当記事では、

・「メルカリ」「タオバオ」「シェンユー」の提携の詳細
・提携によって予測されるメリット

上記2つについて紹介していきます。

 

物販に興味のある方にとっては

有益な情報になりますので、ぜひ当記事をご覧ください。

「メルカリ」「タオバオ」「シェンユー」の提携で最強に!

株式会社メルカリ(以下、メルカリ)は、越境ECのインフラ構築サポートを提供するBEENOSグループの協力のもと、中国で最大のECプラットフォームを運営するアリババグループのCtoCマーケットプレイス「淘宝(タオバオ)」およびフリマアプリ「閑魚(シェンユー)」と連携し、中国における越境販売を開始いたします。

引用:フリマアプリ「メルカリ」、アリババグループの「淘宝(タオバオ)」・「閑魚(シェンユー)」にて越境販売を開始

前述したとおり、

メルカリは「タオバオ」「シェンユー」と提携して

中国の人が日本から出品された商品を

買うことができるようになります。

 

背景としては中国のEC化が進んでいることが大きく、

中国でユーザー層の厚い

「タオバオ」「シェンユー」と提携するに至ったそうです。

メルカリも日本でダントツのユーザーを

抱えているフリマアプリですから、

この理由は納得ですよね。

購入・発送までの流れ

では、どうやって日本の商品が

中国で購入した人に渡るのでしょうか?

どうやら「タオバオ」「シェンユー」から注文が入ると、

BUYEEが商品を代理購入して

発送する流れのようです。

 

つまり、

出品者側は今までと同じように

商品を出品するだけでOKということになりますね!

メルカリが検証実験を行ったところ

予想以上に売り上げがあったということで、

中国ユーザーに対しても

大きなニーズがあることを再確認できたそうです。

 

下記の動画では、

今回の内容を深堀しながら

「提携によって予測されるメリット」

についても解説しています。

 

メルカリを利用する方はもちろん、

これから物販で利用を始める方にも有益な情報になるはずです。

ぜひ動画を視聴してみてください。

最新情報をチェックしよう!

物販の最新記事8件