【あなたに合うのはコレ!】物販ビジネス5種類とそのメリットデメリット詳しく解説します!初心者にオススメなものは?【バイヤービジネス 】

  • 2021年2月24日
  • 2021年2月24日
  • 物販

こんにちは。

在宅副業コンサルタントの小野寺です。

 

当ブログでは物販をノウハウを発信してきましたので、

「これから物販を始めたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

しかし、物販1つでも種類は様々です。

種類によって向き不向きが分かれるため、

自分に合った物販ビジネスを始めていくことが、

収益を上げていくうえで大切になってきます。

 

当記事では、

「物販ビジネス5種類とそのメリット・デメリット」

について解説します。

 

物販は初心者におすすめのビジネスではありますが、

他のビジネスよりも選ぶ種類が重要になります。

これから物販を始める方は、

ぜひ当記事をご覧ください。

物販ビジネス5つの種類とは?

物販ビジネスには、以下の5種類があります。

・せどり
・輸入販売
・無在庫転売
・OEM
・クラウドファンディング物販

順に見ていきましょう。

せどり

せどりとは、実際にお店に赴いて

商品を仕入れ、ヤフオクなどで売る物販ビジネスです。

恐らく聞いたことがある方は多いでしょう。

最近はネットで仕入れる

「電脳せどり」というビジネスモデルもあったりしますね。

 

せどりのメリットは、

誰でも始めやすいというところです。

実際に商品を見て触れることができますので、

初心者向けであると言えるでしょう。

 

ただし、

せどりは大金を稼ぎにくいというデメリットもあります。

店舗に商品があるとは限りませんし、

ロットで仕入れることもできません。

稼げてもお小遣い程度と考えておくのが良いと思います。

輸入販売

輸入販売とは、海外の商品を買い付けて

日本のサイトで販売するという物販ビジネスです。

代表的なものだと、

「中国輸入」や「欧米輸入」などが有名ですね。

 

輸入販売は物販ビジネスの中でも

取り組んでいる人が多く、

稼いでいる方もかなりいます。

というのも、

輸入販売はデータを見ながら

売れるものだけを仕入れますので、

非常に回転率が良い物販ビジネスなんです。

せどりよりは、まとまった収益を

上げることができるでしょう。

 

言うまでもありませんが、

輸入販売にもデメリットはあります。

それは何かというと、

ライバルが多くなってきているということです。

ノウハウが熟知されていることもあり、

自分なりに差別化を図る必要がありますね。

 

下記の動画では、

今回の内容を深掘りしながら

残りの物販ビジネスについて解説しています。

ぜひ自分に合った物販ビジネスを探してみてくださいね!

最新情報をチェックしよう!

物販の最新記事8件